2016年06月03日

Chromeで google画像検索したら固まる現象を解消

Chromeで、google画像検索していると固まることがしばしばあった。

はじめのうちは、検索結果をスクロールさせながら見ている途中で
たまに固まることがあるという感じ。
固まったタブを落とせばブラウザとしては問題なかったので、
「処理負荷がかかりすぎたのかな」程度で、
画像検索中のスクロールを抑え気味にしてみたりと、
微かに気を使うぐらいのストレスはありながらも、特には調べることは無かった。


が、画像検索したら、スクロールもしていないのに、いきなり検索結果が固まる状況に遭遇。
さらには同じフレーズで検索をすると、必ず固まるという状況。
再現性ありっ!

これ何か問題があるよね!!と、調査開始。
で、google検索すればすぐさま答えが。。。

環境により問題点はそれぞれあるが、
今回の問題点の結論としては「拡張機能」が悪い。
なので「問題があった拡張機能を削除した」。
これで解消しました。


調べ方

まず、Chrome単体での問題かどうかを切り分ける。

そのためには、ブラウザ右上にあるメニューから、シークレットモードで実行する。
拡張機能01.jpg

シークレットモードは拡張機能がすべてオフとなっている。
拡張機能02.jpg
これで問題が無ければ、自分で入れた拡張機能に問題がある。
(これで問題が出る場合はChrome単体となるが、この場合の解消法は知りません。。。)


拡張機能が問題とわかったので、あとは一つ一つ機能を削除しながら原因となる拡張機能を探す。
拡張機能03.jpg

ブラウザ右上のメニューから[設定] - [拡張機能] を選ぶと、
拡張機能の一覧が出るので、有効としている拡張機能のチェックを外していく。
地道に一つ一つ、拡張機能を無効として、原因となっている機能を見つけて、
無効化してしまえば解消です。


という感じで、Chromeで固まる現象があれば、拡張機能に問題がある可能性があります。
そのあたりから調べてみると解消するかもです。










ラベル:Win7 Windows
posted by Zorinos at 16:19| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

HDD 完全消去(DBAN)

旧WindowsPCの破棄のためHDDを完全消去することに。

その際に必須となるのが、HDDの安全な廃棄。

以前にLinux上でのHDDデータ完全消去を行ったが、今回はフリーソフトを使って消去してみます。



一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)では、信頼できるデータ消去方法 として、

基本的には HDD データ消去プログラムで 1 回固定データによる塗潰し消去を行えば十分ですが、2回消去を行えば一般的に完全といえます。
ただデータ消去ソフトには各種の軍関連の規格がありますように、データ読出し技術とデータ消去技術が今後とも表裏一体の進歩を繰り返すと思われます。

・パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項

としています。




そして、このような操作を行うツールもたくさん提供されており、その中でフリーソフトウェアDBAN(Darik's Boot and Nuke)を使ってデータ完全消去を行う。

DBANは、専用システムを起動し消去するため、OSを問わずに利用できます。
またパーティションを切っていても削除してくれます。






ダウンロードとインストール


ISOイメージ(dban-2.3.0_i586.iso)が提供されているので、これを落としてCDに焼く(手元にはCD-RWがあったので、今回はCD-Rではなく、CD-RWを使用した)。

あとは、焼きこんだディスクを挿入しPCを起動すればよい。





消去設定

DBANが起動したら、最初の画面でそのまま[ENTER]キーを押し、データ消去方式などが選択できるinteractive modeに入る。

DBAN01.jpg


しばし待つと、DBANのメイン画面が表示され、左上に現在選択されている擬似乱数生成アルゴリズム(PRNG)やデータ消去方式(Method)、検証頻度(Verify)、実行回数(Rounds)が表示され、下段に認識したHDD名が表示される。

DBAN02.jpg

キー操作
P擬似乱数生成アルゴリズム(PRNG)の変更
Mデータ消去方式(Method)の変更
V検証頻度(Verify)の変更
R実行回数(Rounds)の変更
Jカーソルを上に移動※
Kカーソルを下に移動※
SPACE消去対象デバイスを選択
F10消去実行をスタート
※カーソル移動は矢印キーも可

設定はデフォルトのままでJEITAのガイドラインを十分に満たすため、変更する必要はないと思う。


擬似乱数生成アルゴリズムの選択画面
DBAN03.jpg

データ消去方式の選択画面
DBAN04.jpg

DBANがサポートするデータ消去方式
方式名説明
Quick Erase全て0のデータを1回書き込み
RCMP TSSIT OPS-II カナダ王室山岳警察方式。計8回の書き込み
DoD Short米国国防総省方式の簡易版。計3回の書き込み
DoD 5220.22-M米国国防総省方式。計7回の書き込み
Gutmann WipeGutmann方式。計35回の書き込み
PRNG StreamPRNGストリーム方式。乱数データを1回書き込み

「Quick Erase」や「PRNG Stream」は1パスで終了するので急ぐ場合は選択すればよいが、安全性を高めるためにも実行回数を2回以上にするのが良い。


検証頻度の設定画面
DBAN05.jpg

実行回数の設定画面
DBAN06.jpg
データ消去方式で「Quick Erace」か「PRNG Stream」を選んだ場合は安全性を高めるためにも2回以上に変更しておくほうがよいが、その他の方式であれば1回で良い。





消去の実行

メイン画面の「Disks and Partitions」にHDDの一覧が表示されているので、
消去したい物にカーソルを合わせてを[SPACE]キーで選択。
DBAN07.jpg
選択すると[wipe]とチェックが入る。

消去対象が決定したら、[F10]キーで消去をスタート。
DBAN08.jpg
進捗状況が表示されるので、終了を待つ。

DBAN succeeded.」と表示されたら消去は完了。
DBAN09.jpg
何かのキーを押すと、広告画面に切り替わります。

終了ボタンなどは無いので、電源を手動で落とせば、データの消去は完了。
ラベル:Windows 自作 Mac Linux
posted by Zorinos at 09:46| Comment(1) | Windows | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

WinXPとWin7のデュアルブートからWinXPを削除する

手が空いたのでPCの整理がてら、
WinXPとWin7のデュアルブートを解除しよう。
WinXP環境はサポートが切れる前から長く未使用状態だったのでHDDの肥やしでしかなかった。
いつかは解除しようと思っていた事案だ。

そして、当初から、後でWinXPを削除する予定だったので、
WinXPとWin7は別HDDにインストールしていたので難しくはない作業だ。
参考:パーティションについて



【案1】単純に起動時のブートメニューを表示させず、Win7を起動させる。
HDD領域は無駄に確保された状態となるがそのまま寝かせておいでも現状、困ることはない。
メリットとしては、WinXP復活させたかったら簡単に出来る(絶対に復活することは無いが)。
あとは作業が超簡単。これに尽きる。
デメリットとしては、WinXPの入ったHDDが活用できないことだ。



【案2】ブートローダーを修正。
本筋と思う。ブートローダーにWniXPへの情報が記録されているので、これを削除する。
参考:Windowsマルチブートについて
こうしておけばWinXPのHDDをフォーマットしても影響はない。
案1よりはちょっと作業に手間がかかるぐらいだが、作業自体は簡単だ。


WinXPを残したところで我が家ではもはや出番は無いだろう。
これを機に我が家のPC環境からは完全に引退してもらおう。
なので案2を採択。



当然だが、Win7環境上で作業する。

ちなみに案1としては以下の作業をすれば良い。
システム詳細設定プロパティから
WinXP_del1.png

[詳細設定]タブ → [起動と回復]の設定を開く。
WinXP_del2.png

規定のオペレーティングシステム」のリストでデュアルブートに設定したOSが見ることができます。
WinXPとWin7が設定されているのがわかります。
WinXP_del3.png

WinXP_del4.png
オペレーティングシステムの一覧を表示する時間」のチェックを外せば
起動時に「ブートメニュー」が表示されずデフォルトOSが起動されます。



それでは案2の作業をしましょう。
WinXPとWin7とのデュアルブート環境からWinXPを外しましょう。

コマンドプロンプト上でブートローダーを編集します。
WinVistaで導入されたツールを使います。
参考:bcdeditでVista/Windows Server 2008のブートOSメニューを変更する


実行上の注意点としては管理者権限で実行することです。
スタートメニューの「すべてのプログラム」から
[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]で右クリックし、
[管理者として実行]を選び、コマンドプロンプトを立ち上げる。
WinXP_del5.png

まずはブートローダーのエントリを確認します。
> bcdedit /enum

WinXP_del6.png
※管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上がれば、タイトル「管理者:」が表示されています。
WinXPは {ntldr} と書かれていると思います。

ブートローダーからWinXPのエントリー {ntldr} を削除する。
> bcdedit /delete {ntldr} /f


再度エントリーを確認すると、WinXPのエントリーが削除されています。
WinXP_del7.png

また[システム詳細設定プロパティ]-[詳細設定]-[起動と回復]から
規定のオペレーティングシステム」のリストを見ると、
Win7のみになっていることでもわかります。
WinXP_del8.png
ちなみに、「オペレーティングシステムの一覧を表示する時間」のチェックを入れると
マルチブートでなくとも起動時に「ブートメニュー」が表示されます。あしからず。


これで再起動すればWin7が自動的に起動するはずです。

後はWinXPが入ったHDDをフォーマットするなり好きにしてください。


フォーマット手順をざっと書くと、
マイコンピュータを右クリックして、[管理]を選択します。
左リストの[ディスク管理]を選択するとパーティション情報が見えます。
パーティションを右クリックし、[フォーマット]を実行すればフォーマットされます。
ラベル:Win7 Windows
posted by Zorinos at 14:22| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

Windowsマルチブートについて

OS起動する場合、次のステップが実行されます。

1.マザーボード上のBIOSが起動し、
 POST (Power-on Self Test) と呼ばれる動作チェックを行う。
 電源投入時に「ピッ」というブザー音がなり、マザーボードメーカーのロゴや
 パーツ情報などが表示されます。

2.BIOSがブートするデバイスを検索する。
3.見つけたブートデバイスのMBRをメモリー上に読み込み、制御を渡す。
 (参考:MBRの構造
4.MBR のブートストラップローダーは、
 パーティションテーブルを検索し、ブートフラグが設定されているパーティションから
 ブートセクターをメモリー上に読み込み、制御を渡す。
5.ブートセクターに記録されたプログラムは、OSローダーをメモリー上に読み込み、制御を渡す。
 (WinXPは NTLDR 、 Win7は Bootmgr が読み込まれる)
6.OS が起動される

WinXPの場合は以下のようなイメージ。
boot1.png

Win7の場合は以下のようなイメージ。
boot2.png


先にWinXPがインストールされた状態で、後からWin7をインストールする場合は,
さらっとマルチブートが構築できます。
ブートセクターからは、後からインストールされた「Bootmgr」が起動されるように書き換えられ、
先に存在しているWinXPのブートローダ「NTLDR」を認識し,それも起動できるように「Bootmgr」が設定されるので、マルチブートが構築される仕組みになっている。
boot3.png

これを逆に、
先にWin7がインストールされた状態で、後からWinXPをインストールする場合は,
手間がかかります。
ブートセクターからは、後からインストールされた「NTLDR」が起動されるように書き換えられるが、
先に存在していた「Bootmgr」の存在が認識されず、無条件でWinXPが起動するようになるため、
マルチブート環境になりません。
boot4.png

そのため、WinXPをインストールした後から、再度、
ブートセクタを「Bootmgr」が起動されるように書き換え、
「Bootmgr」からWinXPのブートローダ「NTLDR」を起動できるようにエントリを追加することで、
マルチブート環境が構築されます。
boot5.png



いまさらWinXPとマルチブートにすることは無いと思うけど、
ふと思い出したので書いてみました。
ラベル:Win7 Windows
posted by Zorinos at 14:53| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

VirtualBoxをインストール

Oracle VirtualBox(Oracle VM VirtualBox)は
コンピュータ内(ホストOS)に仮想的なコンピュータを作成し、
そこに別のOS(ゲストOS)をインストールし実行することができます。
たとえば、Win7を動作させているPC上で、Linuxなどを実行させる事ができます。
(参考:Supported host operating systems

VirtualBoxをダウンロードする
VirtualBoxのサイトにアクセスし、左側の「Downloads」を選択。
VirtualBox1.png

VirtualBox binaries」の「VirtualBox platform packages」から
ホストOSのパッケージを選び、ダウンロードする。
Win7なので、"VirtualBox 4.3.8 for Windows hosts"を選択した。
VirtualBox2.png

次に「Extension Pack」(全プラットフォーム共通)をダウンロードする。
VirtualBox3.png

VirtualBoxをインストールする
VirtualBoxをWin7にインストールする。
インストーラーを起動する。
VirtualBox4.png
「Next」をクリック。

VirtualBox5.png
カスタムセットアップの画面は、そのまま「Next」をクリック。

VirtualBox6.png
必要なオプションを選択して「Next」をクリック。
・Create a shortcut on the desktop:デスクトップにショートカットを作成する
・Create a shortcut in the Quick Launch Bar : クイックランチャーにショートカットを作成する
・Register file associations:ファイルの関連付けを登録する

VirtualBox7.png
VirtualBox のネットワーク機能をインストールするために、
インストール中に一時的にネットワーク接続が切断されるという警告が出る。
ネットワークが切断されて困るアプリケーションは終了させるなり、対応してから
「Next」をクリックする。

VirtualBox8.png
設定してきた項目をやり直したいなら「< Back」をクリックする。
インストールを開始するなら「Install」をクリックする。

インストールが開始されます。
VirtualBox9.png

インストール中に次のような確認が何度か表示される。
VirtualBox10.png
「インストール」を選択する。

インストール完了。
VirtualBox11.png
「Finish」ボタンをクリック。


VirtualBox12.png


エクステンションパックをインストールする
バージョン4.0よりOSS版にプラグイン機能が搭載され、機能の追加が可能となった。
USB2.0の機能が含まれているため、エクステンションパックのインストールを追加する。
(参考:Installing VirtualBox and extension packs

VirtualBoxの画面から
[ファイル] - [環境設定] - [機能拡張]を選択。
VirtualBox13.png
右側の[パッケージ追加]アイコンをクリックする。

ダウンロードしたエクステンションパックを選択する。
VirtualBox14.png
確認画面が表示されるので「インストール」をクリックする。

ライセンスの確認画面が出る。
VirtualBox15.png
一番下までドラックすると、「同意します」ボタンが有効となるのでクリックする。
エクステンションパックがインストールされる。

エクステンションパックのインストールが完了。
VirtualBox16.png

一覧に追加された。
VirtualBox17.png


これでインストールは完了。

VirtualBox ゲストOSのインストール
posted by Zorinos at 23:34| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする
ブログランキング・にほんブログ村へ