2018年02月19日

Thunderbird のメールを Evernote に簡単に送信する!

5330351382_d227999285_o.png
Thunderbird(サンダーバード)は高機能で人気の高いメーラーです。
Evernote を使っていると、ちょっとした事でもすぐに Evernote に集約してしまいたくなります。

Thunderbird を使っていると、スマホからメールを見ることができないので(実際にはメールサーバーでIMAPを使っていれば、Gmailで見たり、他のツールで見ることが可能なのだけど)、Evernote に集約しておけばどこからでも見ることができる。

Thunderbird を使っているときに、メールの内容を Evernote に送りたいと思ったときに便利なアドオンが無いかと探したら、ありました。



Thunderbird のインストールについてはこちら ⇒ 【鉄板】メールソフトは Thunderbird がオススメ!

アドオンのインストールについてはこちら ⇒ 【初心者向け】Thunderbird にアドオンをインストールする方法


EnForward アドオンを追加する


使いたいアドオンが明確にわかっているので、Thunderbird 内からアドオンをインストールすると簡単です。

EnForward」を探してインストールしておきましょう。

Thunderbird を再起動させればインストールは完了です。


設定


アドオンマネージャーから、左側の「拡張機能」というパネルを選びます。
先ほどインストールしたアドオンが追加されているはずです。

[設定] をクリックします。
Thunderbird61.png

設定が必須なものは、[Evernote Email Address]だけです。
「Evernote送信用メールアドレス」を設定します。
※注意:Evernoteに登録した時のアドレスでありません。

その他の設定はデフォルトのままでも大丈夫だと思いますが、私は以下も設定しました。
  • [Save note in sent folder] : 転送したメールを、送信済みフォルダの残します
    ⇒ チェックを外した
  • [Mark original message as forwarded] : 転送したオリジナルメールにマークする
    ⇒ チェックを外した
  • [Limitations] : Evernoteアカウントの種別で制限をかけてくれる
    • [Account] : プランにあわせて "Plus" / "Premium" を選択
      ⇒ "Plus"を使っているので設定。Note sizeが最大50MBに設定される
    • [Enable limitations check] : メールサイズ、送信回数が制限を超えた場合に、送信をキャンセルします
      ⇒ チェック



次に、[Note]タブを選びます。
下記のように、適宜、設定します。
Thunderbird63.png
  • [Note title] : 転送時のノートのタイトルの指定ですが、デフォルトでメールのタイトルが使われるのでそのままで良いと思います。

    ちなみに、%Sなどのキーワードは、次のように置き換えられます。
    %S件名
    %a送信者
    %Y送信日(年)
    %M送信日(月)
    %D送信日(日)
    %h送信時間(時間)
    %m送信時間(分)
    %s送信時間(秒)

  • [Notebook] : ノートを保存するノートブックを指定します。必ず、必ず、すでにあるタグを指定しないといけません。空欄、または、指定したノートブックがない場合は、デフォルトのノートブックに保存されます。
  • [Tags] : ノートにつけるタグを指定します。必ず、すでにあるタグを指定しないといけません。



Evernote だけではなく、OneNote にも対応しているようですが、私は使っていないのでわからずです。



使用方法


使い方は、Evernote に転送したいメールを選び、右クリックします。

メニューに「Forward to Evernote」「Forward to Evernote with Reminder」「Forward to OneNote」の項目が追加されています。
Thunderbird62.png

「Forward to Evernote」を使えば、Evernoteに転送できます。
メールを右クリックするだけではなく、メール本文を選択して、右クリックしてすれば、メール本文の一部だけを転送することも可能です。
また「Forward to Evernote with Reminder」で、リマインダー機能も設定が可能です。


まとめ


Evernoteのメール転送機能は、有料機能なので、スタンダードプランでは使えない機能となってしまいましたが、有料プランであれば、Evernoteに転送する機能は便利な機能なので、Thunderbird とEvernote を効率よく使っていけるようになりますよ。
posted by Zorinos at 22:00| Comment(0) | ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ