2018年02月16日

【初心者向け】Thunderbird に Google カレンダーを連動させる方法

diary-1124013_640.png
Thunderbird(サンダーバード)は高機能で人気の高いメーラーです。
さらに Thunderbird はメールだけではなく、カレンダーも使えるので、メールと同じツールでまとめて見ることができ、非常に便利です。

Thunderbird のインストールについてはこちら ⇒ 【鉄板】メールソフトは Thunderbird がオススメ!

カレンダーを使うためには、スケジュール管理機能やタスク管理機能を追加する拡張機能のアドオンが必要ですが、現在はそのアドオンである「Lightning」がもともと同梱されているので(Thunderbird 38 以降)、わざわざ探す必要はありません。

アドオンのインストールについてはこちら ⇒ 【初心者向け】Thunderbird にアドオンをインストールする方法

「Lightning 」は、アドオンマネージャーで確認できます。
Thunderbird36.png





それでは、Googleカレンダーを同期し、「読み取りおよび書き込みアクセス可能」となるように設定しましょう。

Provider for Google Calendar アドオンを追加する


スケジュール管理機能のためのアドオン「Lightning 」はもともと同梱済でしたが、Googleカレンダーを使うためには、もう一つ「Provider for Google Calendar」アドオンが必要です。

使いたいアドオンが明確にわかっているので、Thunderbird 内からアドオンをインストールすると簡単です。

「Provider for Google Calendar」を探してインストールしておきましょう。
Thunderbird37.png


インストールが完了し再起動できたら、右上にある「カレンダー」ボタンをクリックします。
Thunderbird38.png






Google カレンダーを指定する


左側の余白を右クリックして「新しいカレンダー」を開きます。
Thunderbird39.png


カレンダーの保存先を選択します。
「ネットワークのサーバに保存する」をクリックし、「次へ」。
Thunderbird40.png

「Google カレンダー」を選択し、「次へ」。
Thunderbird41.png

連携する Gmailアドレス を入力し、「次へ」。
Thunderbird42.png

Googleのアカウント認証用のログイン画面が表示されたら、認証確認を行う。
Thunderbird43.png


認証できたら、Provider for Google Calendar のアクセスのリクエストを「許可」します。
Thunderbird44.png


Thunderbird の画面に戻り、Googleカレンダーとタスクリストが表示されているので、連動したい項目にチェックを入れ、「次へ」。
Thunderbird45.png


これで「完了」です。
Thunderbird に Googleカレンダー のデータが読み込まれます。
Thunderbird46.png


Thunderbird47.png




まとめ


Thunderbird は便利ですが、クラウド型ではないのが残念です。一方、Googleカレンダーはクラウド型のため、ブラウザさえあればどこでもスケジュール管理できるメリットがあります。

仕事の効率化のためには、パソコンに向かって作業しているときは、メールもスケジュールも Thunderbird でまとめて見えるようにしておき、パソコンを離れたときはスマホで確認できるようにしておくと便利です。

Thunderbird のスケジュール管理は、メールとまとめて見ることができて便利ですが、これだけではパソコンに向かって仕事するときは良いのですが離れると使えなくなります。これを解決するめに Googleカレンダーと連動することで、どこでもスケジュール管理ができるようになり、かつ、仕事も効率化できるように設定することができるようになるのです。
posted by Zorinos at 20:00| Comment(0) | ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ