2018年02月10日

【初心者向け】Outlook2016 で Gmailアカウント の設定方法

post-403145_640.png
Outlook2016で Gmailアカウントを設定しようとして、つまずいたので備忘録として残します。Outlookへのアカウント設定をする方は参考にしてみてください。

Gmail側の設定


まず最初に Gmail側では IMAP を有効にする必要があります。

こちらを参考にしてください ⇒【鉄板】メールソフトは Thunderbird がオススメ!



Outlook2016側の設定


アカウントの追加


まず、メニューから [ファイル] を選択します。
outlook01.png

「アカウントの追加」をクリックします。
outlook02.png




メールアカウントの設定


メールアドレスを入力し、「詳細オプション」から「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、「接続」をクリックします。
outlook03.png

アカウントの種類を選択で、「Google」を選択します。
outlook04.png



IMAPアカウントの設定を確認し(自動で設定されているはず)、「次へ」をクリックします。
サーバー、ポートについてはこちらを参考 ⇒ IMAP を使用して他のメール クライアントで Gmail をチェックする
あと、「セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要」はチェックを外してください。
outlook05.png


アカウントの接続


Gmailアカウントのパスワードを入力し、接続を試みます。
outlook06.png


なぜか、接続がうまくいかず、再試行のウィンドウが開きます。
outlook07.png
パスワードもアカウントも間違いないのになぜ??
まず、ここが一つ目のつまずきです。



理由は、Googleの仕様です。
アプリや端末が Google のセキュリティ標準を満たしていない場合、Google では、そのアプリや端末からログインしようとしたユーザーをブロックします。このようなアプリや端末からのアクセスは傍受されやすいため、ブロックすることでアカウントの安全性を保つことができます。
安全性の低いアプリによるアカウントの使用を許可する
引用:Google アカウント ヘルプ


そうか、Outlook2016 は Googleからみたら「安全性の低いアプリ」になるのか。。。


Googleヘルプによれば Mozilla Thunderbird も該当となっていますが、Thunderbird 38 以降であれば大丈夫です。
新しい Gmail アカウントは、Thunderbird 31 およびそれ以前のバージョンでは、Google の認証機能に対応していないため使用できません (技術的な詳細は、bug 849540 をご覧ください)。新しい Gmail アカウントを設定する場合は、Thunderbird 38 以降を使用 してください。
引用:Mozilla サポート



安全性の低いアプリの使用を許可


Google アカウント ヘルプ にアクセスします。
outlook08.png

アカウント情報の[安全性の低いアプリ]をクリックします。



普通、次のように表示され、ここで「安全性の低いアプリの許可」を有効にすればいいのですが、ここで、2つ目のつまずき。
(「安全性の低いアプリの許可」って表現、不安しか覚えないですね)
outlook09.png


私の場合は、2段階認証プロセスを有効としているので、この画面ではなく、下の表示でした。
outlook10.png

要は、2段階認証プロセスを有効としている場合、「安全性の低いアプリの許可」をまるっと有効にできないということです。



では、どうするか?

アプリ パスワードでログイン


パスワードを作成して、Google アカウントへのアクセス権をアプリや端末に与えます。
アプリ パスワードが必要となる理由
2 段階認証プロセスに登録すると、通常は確認コードが届きます。しかし、このコードは Outlook など、一部のアプリや端末では動作しません。代わりに、そうしたアプリや端末を使用して Google アカウントに最初にログインする際に、アプリ パスワードを生成して入力することでアプリや端末を認証する必要があります。
引用:Google アカウント ヘルプ



Google アカウント ヘルプ にアクセスします。
outlook11.png

[アプリ パスワード] をクリックし、アクセスしてください。
パスワードの入力を求められると思います。認証できたら、下のような生成画面になります。

まずは、アプリの選択です。Outlook を対象とするので「メール」を選択します。
outlook12.png

次に、端末を選択します。Windowsパソコン用に設定するので、「Windowsパソコン」を選択します。
outlook13.png

設定したら、「生成」をクリックします。
outlook14.png


16桁のパスワードが生成されました。
outlook15.png


あとは、このパスワードをGmailのパスワードとして入力しましょう。

これで設定できました。
outlook16.png



まとめ


いかがだったでしょうか。OutlookでGmailの設定をしようとすると、ちょっとだけ手間がかかりますね。理由がわからないとアカウントやパスワードの入力ミスじゃないかといろいろと確認に時間がかかります。Googleの仕様がわかれば対処できます。Outlook以外でもつまずいたら思い出していただけると幸いです。


posted by Zorinos at 15:00| Comment(0) | ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ