2017年09月07日

YouTube data API v3 のAPIキー取得の備忘録

YouTube API は、YouTube が提供しているWebサービスを利用できるように公開されたAPIのこと。
YouTube Data API の概要

Webサイトなどで YouTube API を使用する場合、ライセンス表示が必要。
You do not need special approval to use YouTube APIs or to promote API functionality in your application. However, any YouTube logo used within an application must link back to YouTube content or to a YouTube component of that application.
引用:YouTube API Services - Branding Guidelines



Googleアカウントでログインした状態だとして話を進める。

Google Developers Console にアクセス。
利用規約の更新が表示されれば、[はい] を選択し、[同意する] をクリック。
google_api05.png

google_api01.png

[ライブラリ] から [YouTube Data API] をクリック。
google_api02.png

APIを有効にするにはプロジェクトが必要とあるので、
まずは [プロジェクトを作成] をクリック。
google_api03.png

[作成] をクリック。
google_api04.png

プロジェクト名をつけ、作成する。
google_api06.png


作成したプロジェクト名が上部に表示されているはず。
[認証情報] から [認証情報を作成] をクリック。
google_api07.png

[APIキー] を選択すれば、APIキーが発行される。
google_api08.png

google_api09.png


再度、[ライブラリ] から [YouTube Data API] をクリック。
上部にある、YouTube Data API v3 を [有効にする] をクリックする。
google_api10.png

これで、YouTube Data API v3 が有効になる。
google_api11.png

[認証情報] のAPIキーを使い、YouTube Data API v3 が使える。
google_api12.png


テストする。
APIを使い検索してみる。
https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?part=snippet&q=ここに検索したい単語を入れる&key=ここにAPIキーを入れる

失敗だったら、以下のようにエラーが出力される。
{
"error": {
"errors": [
{
"domain": "usageLimits",
"reason": "keyInvalid",
"message": "Bad Request"
}
],
"code": 400,
"message": "Bad Request"
}
}


成功していれば、取得結果がJSON形式のデータで表示される。


posted by Zorinos at 20:00| Comment(0) | ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。