2017年09月02日

Twitter APIを使うための備忘録

Twitter APIを利用するには、Twitterのユーザーアカウントが必要。
アカウントにログインした状態だとして話を進める。

アプリケーションを登録する手順


Twitter Developersにアクセスする


https://dev.twitter.com/
twitterapi01.jpg

ページ下部にある「Manage my Apps」をクリック。
twitterapi02.jpg

「Twitter Apps」という「アプリケーションの管理画面」に移動できる。
よく使うページになるので、ブックマークしておくとよい。
twitterapi03.jpg
既に登録しているアプリがある場合はリストで表示される。
新規の場合は上図のように、「You don't currently have any Twitter Apps.」と表示される。



新規にアプリケーションを登録する


[Create New App] をクリック
twitterapi04.jpg
アプリケーション情報を登録する。
twitterapi05.jpg

Name

アプリケーションの名称。

Description

アプリケーションの概要。

Description

アプリケーションのウェブサイトのURLアドレス。仮のアドレスでもいい。

Callback URL

ユーザーがOAuth認証作業をした後の、戻り先となるURLアドレス。認証が必要ないアプリケーションの場合は空でいい。後からでも設定できる。

Developer Agreement

APIの利用規約。「Yes, I have read and agree to the Twitter Developer Agreement.」にチェック。

[Create your Twitter application] をクリック。
twitterapi06.jpg
※電話番号を登録していないとエラーが起こる。
twitterapi07.jpg

アプリケーションが作成され、管理する画面へ遷移する。
twitterapi08.jpg


最初の管理画面に戻ると、
作成したアプリケーションが追加されている。
これをクリックすると、先ほどのアプリケーションの管理画面に遷移できる。
twitterapi09.jpg




APIキー


APIキーの確認


アプリケーションの管理画面から、
[Keys and Access Tokens]のタブをクリック。
twitterapi10.jpg

「Consumer Key (API Key)」と「Consumer Secret (API Secret)」をメモしておく。
アプリケーションに振られるIDとPASSのようなもの。
twitterapi11.jpg







APIキーの変更


もしAPIキーの情報が他人に知られてた、もしく知られた可能性がある場合は、
[Regenerate Consumer Key and Secret] から変更することができる。
twitterapi12.jpg




パーミッションの設定


アプリケーションの管理画面から、
[Permissions]のタブをクリック。
twitterapi13.jpg

3つの設定の中から1つを選択する。
Read onlyRead and WriteRead, Write and Access direct messages
ユーザーのツイートを見る
ホームタイムラインを見る
プロフィールを見る
プロフィールを更新する×
ツイートを投稿する×
フォローする×
ダイレクトメッセージを読む
・送信する
××

(参考:Application Permission Model

変更したら、
[Update Settings] をクリックして更新する。
twitterapi14.jpg

[Additional Permissions] では
ユーザのEmailアドレスのリクエストができるようになっている。
いろいろとめんどくさい気がするのであまりよく知ろうとしていない。
GET account/verify_credentials





Access Tokenを取得


アクセストークンは、アプリケーションでユーザーの代わりに操作するために、ユーザーのアカウント情報(IDとパスワード)を暗号化してまとめたもの。
アクセストークンを取得するためには、ユーザーによる認証作業が必要となるが、自分自身のアクセストークンであれば、そんな手間をかけず、アプリケーションの管理画面から直接発行することが可能。

アプリケーションの管理画面から
[Keys and Access Tokens]のタブをクリックして移動。
ページ下部にある [Create my access token] をクリック。
twitterapi15.jpg

「Your Access Token」の箇所に情報が追加され、
「Access Token」と「Access Token Secret」が取得できる。
twitterapi16.jpg

アクセストークンを取得した後でパーミッションを変更したら、
アクセストークンを作り直す。
[Regenerate My Access Token and Token Secret] をクリックし、再度、取得する。


ラベル:TOKEN OAuth twitter
posted by Zorinos at 20:00| Comment(0) | ツール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。