2017年06月17日

Ubuntu インストールしたらやること:tree コマンドをインストール

CUIでファイルやディレクトリ構造を見やすく、階層的に表示してくれるコマンド。
デフォルトでは入っていないので、インストールする。

インストール


端末で以下を入力。

sudo apt-get install tree




使い方


引数無しで実行すると、カレントディレクトリ以下を階層表示する。

$ tree


$ pwd
/boot
$ tree
.
├── System.map-4.4.0-21-generic
├── System.map-4.4.0-78-generic
├── System.map-4.4.0-79-generic
├── abi-4.4.0-21-generic
├── abi-4.4.0-78-generic
├── abi-4.4.0-79-generic
├── config-4.4.0-21-generic
├── config-4.4.0-78-generic
├── config-4.4.0-79-generic
├── grub
│   ├── fonts
│   │   └── unicode.pf2
│   ├── gfxblacklist.txt
│   ├── grub.cfg
│   ├── grubenv
│   ├── i386-pc
│   │   ├── 915resolution.mod
│   │   ├── acpi.mod
│   │   ├── adler32.mod
・・・・・



引数にディレクトリを指定することで、指定したディレクトリ以下を階層表示する。

$ tree <ディレクトリ>


$ pwd
/boot
$ tree /var/log
/var/log
├── VBoxGuestAdditions-uninstall.log
├── VBoxGuestAdditions.log
├── Xorg.0.log
├── Xorg.0.log.old
├── alternatives.log
├── alternatives.log.1
├── apache2
│   ├── access.log
│   ├── access.log.1
│   ├── access.log.2.gz
│   ├── access.log.3.gz
│   ├── access.log.4.gz
│   ├── access.log.5.gz
│   ├── access.log.6.gz
│   ├── error.log
│   ├── error.log.1
・・・・・


複数のディレクトリを指定してもよい。

/$ tree /tmp /var/log/
/tmp
├── config-err-zpEn05
├── fcitx-socket-:0
├── gnome-software-ME101Y
│   └── debconf.socket
├── systemd-private-a3633a0560204440adcb7fa2d6ec793f-colord.service-NVVEVB [error opening dir]
├── systemd-private-a3633a0560204440adcb7fa2d6ec793f-rtkit-daemon.service-VEj2Ij [error opening dir]
└── unity_support_test.1
/var/log/
├── VBoxGuestAdditions-uninstall.log
├── VBoxGuestAdditions.log
├── Xorg.0.log
├── Xorg.0.log.old
├── alternatives.log
├── alternatives.log.1
├── apache2
│   ├── access.log
│   ├── access.log.1
│   ├── access.log.2.gz
│   ├── access.log.3.gz
│   ├── access.log.4.gz
│   ├── access.log.5.gz
│   ├── access.log.6.gz
│   ├── error.log
│   ├── error.log.1
・・・・・



-a オプション:隠しファイルも出力対象とする。

$ tree -a  /tmp/
/tmp/
├── .ICE-unix
│   └── 2302
├── .Test-unix
├── .X0-lock
├── .X11-unix
│   └── X0
├── .XIM-unix
├── .font-unix
├── config-err-zpEn05
├── fcitx-socket-:0
├── gnome-software-ME101Y
│   └── debconf.socket
├── systemd-private-a3633a0560204440adcb7fa2d6ec793f-colord.service-NVVEVB [error opening dir]
・・・・・


-d オプション:ディレクトリのみ出力対象とする。

$ tree -d /var/log/
/var/log/
├── apache2
├── apt
├── cups
├── dist-upgrade
├── fsck
├── hp
│   └── tmp
├── installer
├── lightdm
・・・・・


-L level:指定した階層の深さ(level)までを表示対象とする。

$ tree -L 2 /boot
/boot
├── System.map-4.4.0-21-generic
├── System.map-4.4.0-78-generic
├── System.map-4.4.0-79-generic
├── abi-4.4.0-21-generic
├── abi-4.4.0-78-generic
├── abi-4.4.0-79-generic
├── config-4.4.0-21-generic
├── config-4.4.0-78-generic
├── config-4.4.0-79-generic
├── grub
│   ├── fonts
│   ├── gfxblacklist.txt
│   ├── grub.cfg
│   ├── grubenv
│   ├── i386-pc
│   ├── locale
・・・・・






teratermで文字化けするときの対処


teratermでSSH接続し、
treeコマンドを実行すると、罫線が文字化けした。
tree_cmd01.png

treeの形は崩れていないので、気にしなければこのままでもいいかと思う。

気になるのであれば、--charset オプション で対処できる。

$ tree --charset=C


tree_cmd02.png
各ディレクトリの終端位置にあるファイルの罫線表示が違うものになっている(上図の赤丸)が、文字化けはなくなった。
ちなみに、"--charset=C" の「C」はなんでもいい。"--charset=x" でも、"--charset=o" でも。



posted by Zorinos at 12:00| Comment(0) | Linux | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。