2017年06月17日

Ubuntu サーバの設定 サービス(デーモン)の起動・停止を管理するツール

サービス(デーモン)の起動・停止を管理するツールとして、
"sysv-rc-conf" をインストールする。

RedHat系ではデフォルトで "chkconfig" がインストールされておりサービスの管理ができるが、Ubuntu では "chkconfig" が使えない(Ubuntu12.10から)。

代わりに、"chkconfig" に非常に似ている、"sysv-rc-conf" をインストールする。

インストールする


sudo apt-get install sysv-rc-conf







サービス一覧を取得してみる


--list オプションを使う。

$ sysv-rc-conf --list


acpid        2:on       3:on    4:on    5:on
alsa-utils 0:off 1:off 6:off S:on
anacron 2:on 3:on 4:on 5:on
apache-htcac 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
apache2 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
apparmor S:on
apport 2:on 3:on 4:on 5:on
avahi-daemon 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
bluetooth 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
brltty S:on
console-setu S:on
cron 2:on 3:on 4:on 5:on
cups 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on
・・・・・

chkconfig コマンドと同じ感じで表示される。


それよりも、
TUI(テキストユーザインターフェース)で表示するほうがわかり易いと思う。

$ sudo sysv-rc-conf


sysv-rc-conf01.png
"X"印が有効となっている箇所。
画面の終了は、[q]キー。



ちなみに、Ubuntuのランレベルは、
Debian 系の多くのディストリビューションでは、ランレベル 2 から 5 を区別しない。
0 - 停止
1 - シングル
2 から 5 - マルチユーザーモードで、Xディスプレイマネージャも起動
6 - リブート
引用:Wikipedia


ということで、マルチユーザーモードで有効サービスには [2]~[5]のすべてにチェックが入っている。


sysv-rc-conf の使い方


TUIで扱う。

カーソル位置を [矢印]キー で移動。
sysv-rc-conf02.png

矢印キーの上・下操作で一覧画面のページを切り替えることもできるが、ダイレクトに、
[Ctrl + n] で下方向への画面切り替え、[Ctrl + p] で上方向への画面切り替えができる。


[space]キー でサービスのON/OFF を切り替える。
sysv-rc-conf03.png

[矢印]キーの代わりにマウスで直接クリックしても、ON/OFF が切り替わる。


サービスを停止させたい場合は、
[1] 〜 [5] [0] [6] [S] と並んでいる項目すべてOFFにする。
sysv-rc-conf04.png

サービスを有効とする場合は、逆に項目をONとする。
(デフォルトのランレベルであれば、[2]~[5] にチェックを入れる)




posted by Zorinos at 00:00| Comment(0) | Linux | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。