2016年03月29日

デュアルブートを解除し、シングルブート(Win7)に戻す

デュアルブートのままLinuxを活用することが不便になってきたので、
Linux環境は新たに作成するとして、
今、使っているPCをWindows環境(シングルブート)に戻すことにしました。

なので、デュアルブートの解除する手順を残します。

ざっくりと言えば、
Windows環境の「MBRを修復」して、Linux環境の「パーティションを削除」すること。



修復の準備

MBRの修復のためには、Windows7のインストールディスクを使用する。
インストールディスクが手元にない場合は、修復ディスクを作成して使用する。

修復ディスクの作成は、
[スタートメニュー]-[コントロールパネル]-[バックアップと復元]から
「システム修復ディスクの作成」を実行する。
systemrecover00.jpg

ダイアログが開いたら、空のメディアを挿入(今回はDVD-RWを使用)して「ディスクの作成」を実行。
systemrecover01.jpg

ディスクへの書き込みが開始され、終了するとメッセージが表示され完了する。
systemrecover02.jpg




Windows MBRの修復

インストールディスクか、作成した修復ディスクを使い、PC再起動させる。
あとは、以前に行った「Windows7 MBR 復旧」と同じ。MBRを修復すればよい。
(パーティションアクティブ化は不要)


PC起動したら画面を進め、システム回復オプションの画面まで進んだら、
修復用のコマンドプロンプトを開く。
systemrecover03.jpg

以下のコマンドを実行して修復。
bootrec /fixboot
bootrec /fixmbr
exit


システム回復オプションダイアログに戻ったら、再起動を選択し、PCを再起動させる。
ブートローダー画面が表示されずにWindows環境で起動すれば成功。



パーティションを削除

[スタートメニュー]-[コントロールパネル]-[管理ツール]から
「コンピュータの管理」を開く。
ダイアログが開いたら、[記憶管理]-[ディスクの領域]を開く。
systemrecover04.jpg

ここでLinuxの割り当て領域が2箇所使用されているので、それぞれを右クリックして
「ボリュームの削除」を行う。
systemrecover05.jpg

エラーメッセージが表示されるが、気にせず削除する。
systemrecover06.jpg
ボリュームを削除したら、再度、右クリックし、パーティションも削除する。

これでデュアルブートは解除完了。


posted by Zorinos at 18:12| Comment(0) | Linux | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。