2015年02月08日

Ubuntu 14.04 サーバー インストール

Ubuntu 14.04 LTS Trusty Tahr サーバー版を入れる。

ダウンロード
以下のサイトからダウンロードする。
サーバー版は64ビット版のみ。
http://www.ubuntu.com/download/server
download1404server.png

起動USBメモリ準備
いつものようにUSBメモリを使う

※現在のUniversal-USB-Installerの最新版はUniversal-USB-Installer-1.9.5.9

「Ubunttu Server Installer」を選択して、ダウンロードしたISOファイル指定。
usbinstaller.png

インストール
※1度、VirtualBox上で試しています。

言語の選択。英語のままで進めていきます。
Ubuntu1404Server1.png

インストールをするので、そのまま「Install Ubuntu Server」で Enter。
Ubuntu1404Server2.png

再び言語選択。ここでもそのまま英語で進めていきます。
Ubuntu1404Server3.png

タイムゾーンの選択。[Other]-[Asia]-[Japan]と選択。
Ubuntu1404Server4.png

Ubuntu1404Server5.png

Ubuntu1404Server3.png

ロケールの選択。ここで選択したものがシステムデフォルトになります。
英語のほうが何かと都合が良いので、en_US.UTF-8で進めます。
Ubuntu1404Server7.png

キーボードレイアウト検出。手動で設定するとし「No」で進みます。
Ubuntu1404Server8.png

キーボードタイプの選択。[Japanese] を選び、次へ。
Ubuntu1404Server9.png

キーボードレイアウトの設定。よくわからなければ、一番上の[Japanese]を選択しておけばよい。
Ubuntu1404Server10.png



しばし設定が進むのを待つ・・・

Ubuntuのアーカイブミラーが問われた場合は、「Japan」を選択。
次に「ja.archive.ubuntu.com」が選択されていることを確認し、進める。

サーバーに割り当てるホスト名。任意の名前を付ける。
Ubuntu1404Server11.png

デフォルトの管理者ユーザーの設定。ここで設定したユーザーが管理者ユーザーとなります。
次のユーザー名と同じものを入力しておいてもよい。
Ubuntu1404Server12.png

パスワードを設定。再確認もあります。
Ubuntu1404Server14.png

Ubuntu1404Server15.png

ホームディレクトリを暗号化するかどうか。必要があれば[Yes]を選択。
特には必要ないので[No]を選択した。
Ubuntu1404Server16.png

タイムゾーンの設定。「Asia/Tokyo」が正しく設定されていることを確認して次へ。
Ubuntu1404Server17.png

パーティションの設定です。ディスク全体を使ってガイドに従ってLVM をセットアップするを選択。
細かく分けたい場合は「Manual」を選択して手動設定をする。
Ubuntu1404Server18.png

パーティションを作成するディスクの選択。ディスクが1台しか接続されていない場合はそのままEnter。
もし複数台接続している場合は選択して次へ進む。
Ubuntu1404Server19.png

パーティションを書き込んでよいか確認。[Yes]を選択して次へ。
Ubuntu1404Server20.png

設定されたLVMボリュームグループに割り当てる容量を入力。
デフォルトはフルサイズになっているので、必要に応じて容量を入力する。
Ubuntu1404Server21.png

パーティションの設定完了。確認画面。
良い場合は[Yes]を選択して次へ進みます。
Ubuntu1404Server22.png


インストールが進むのをしばし待つ・・・

HTTPプロキシの設定。プロキシを利用する場合は「プロキシ情報」を入力する。
利用しない場合は「空」のまま、[Continue]を選択。
Ubuntu1404Server23.png

システムの自動更新をするかどうかの選択。
自動で更新がかかって意図せぬ問題が発生しないとも限らないので、更新は手動でする。
Ubuntu1404Server24.png

予めインストールするソフトウェアを選択。必要なものは後ほど入れるので、
何もチェックを入れず、[Continue]を選択し進む。
Ubuntu1404Server25.png




GRUB ブートローダのインストール。GrubブートローダをMBRに書き込んでよいかの確認。
Ubuntu1404Server26.png

[Yes]を選択して次へ。

***** 起動USBメモリでは注意 *****
よく読まずにそのまま[Yes]とすると、"first hard drive"にGRUBがインストールされてしまう。
が、"first hard drive"が曲者で、インストール時のsdaはUSBメモリになっている
このまま書き込んでしまうと、GRUBはUSBメモリ上に書き込まれてしまう。

ここでは[No]を選択し、GRUBを入れるところを指定する。
例)/dev/sdb として[Continue]
Ubuntu1404Server29.png



インストール完了。インストールメディア(ISOイメージファイル)を取り出して[Continue]。
その後自動的にシステムが再起動します。
Ubuntu1404Server27.png

ログイン
インストール中に設定したユーザー名とパスワードでログインする
Ubuntu1404Server28.png

これでインストール完了。
posted by Zorinos at 17:48| Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: