2014年02月16日

Ubuntu 起動USBメモリの作成

Ubuntuをインストールするときは
DVDにISOファイルを焼き込み、そこからインストールしますが、
「手元にDVDディスクが無い」って場合や、最近では「そもそもPCにDVDドライブが無い」って場合などもありますね。

USBメモリをインストーラ用に準備して、そこからインストールしようと思います。
・環境はWindows
・USBメモリのフォーマット形式はFAT32

Ubuntu-ISO ダウンロード
まずはUbuntuのISOファイルが必要なので、

日本語Remixイメージ(Ubuntu Japanese Team)ダウンロードから
作成したいISOファイルをダウンロードする。

(現在の最新:ubuntu-ja-13.10-desktop-amd64.iso(Ubuntu 13.10 Desktop 日本語 Remix 64bit版))

インストールUSB作成
ISOファイルをUSBに入れて、USBブートの起動USBメモリを作成するツールとして、
Universal-USB-Installerを使う。
(現在の最新:Universal-USB-Installer-1.9.5.2)

Universal USB Installerを入手したら、ダウンロードした実行ファイルを開く。
UsbInst0001.JPG
「I agree」をクリックして次に。

UsbInst0002.JPG
Step 1:「Ubuntu」を選択。
Step 2:ダウンロードしたISOファイルを選択。
Step 3:USBメモリのドライブ文字を選択。
 ※USBメモリではなく、USB-HDDを使う場合などドライブが出ない場合は、
 「Show all Drivers(USE WITH CAUTION)」にチェックを入れる。
 ※必ずしも必要ではないが、USBメモリへの書き込みを行う前にフォーマットするなら
 「Format *: Drive(Erase Content)」にチェックを入れる。
Step 4:USBメモリに確保する保存領域の容量を設定。
 設定した容量分、USBメモリ上のUbuntuでユーザーデータを保存できる。
 デフォルトでも構わない。

「Create」をクリック。
UsbInst0003.JPG
「はい」をクリックし、実行を続ける。

UsbInst0004.JPG
実行が行われる。

UsbInst0005.JPG
実行完了すると、
「Installation Done, Process is Complete!」と表示されるので、「Close」をクリック
インストールUSBの作成が完了。

後は、BIOSの設定をして、PC起動時に作成したUSBメモリから起動させれば良い。


posted by Zorinos at 17:35| Comment(1) | Linux | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(参考)

USBブート Windows系システム用 - Windows板 [転載禁止]2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/win/1416409524/
Posted by USBブート@2ch at 2015年11月14日 19:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。