2017年05月31日

Ubuntu サーバの設定 Windowsファイルサーバー

家庭内で、WindowsPC とLinuxPC でファイルを共有するためのファイルサーバーを構築します。
ネットワーク経由で、WindowsPCからLinuxPC上のファイルを読み書きできるようにするには、「Samba」(サンバ)と呼ばれるサーバーソフトを利用します。

環境:Ubuntu 16.04

Windowsファイルサーバー「Samba」を導入


インストール。

sudo apt-get install samba





共有ディレクトリの設定


共有ディレクトリ(任意の場所)として、
ユーザー認証を必要とせず、フルアクセス可能なディレクトリを作ります。

(例として、"/var/share" を指定した。)

sudo mkdir /var/share
sudo chown nobody:nogroup /var/share
sudo chmod 777 /var/share





samba設定ファイルの変更


設定ファイルを開く。

sudo vi /etc/samba/smb.conf



smb.conf では、
「セクション」と呼ばれる単位ごとに、「パラメータ」を設定します。

セクションは [ ] で括ったセクション名で始まり、次のセクションが始まるまでが一塊です。
セクション内のパラメータは "名前" = "値" という形式で記述します。
セミコロン(;)、シャープ(#)で始まる行や、空白行は無視。



[global] セクション


~省略~

[global]

## Browsing/Identification ###
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

# Change this to the workgroup/NT-domain name your Samba server will part of
workgroup = WORKGROUP

# server string is the equivalent of the NT Description field
server string = %h server (Samba, Ubuntu)

# Windows Internet Name Serving Support Section:
# WINS Support - Tells the NMBD component of Samba to enable its WINS Server
# wins support = no

# WINS Server - Tells the NMBD components of Samba to be a WINS Client
# Note: Samba can be either a WINS Server, or a WINS Client, but NOT both
; wins server = w.x.y.z

# This will prevent nmbd to search for NetBIOS names through DNS.
dns proxy = no

netbios name = John



unix charset

追加。UNIX系のOSがクライアントとして接続するときの、クライアント側で用いる文字コード。

dos charset

追加。Windows系のクライアントが接続するときの、クライアント側で用いる文字コード。CP932は、Shift-JISを表す。

display charset

以前にはあった。標準入出力時の文字コードの設定だったが、Samba4 からは廃止になったので記述不要。

workgroup

Windows側のワークグループ名に合わせる
※[システムのプロパティ]→[コンピュータ名]を参照。

netbios name

追加。Windowsネットワーク上でのサーバーの名前。

~省略~

###### Authentication #######

# Server role. Defines in which mode Samba will operate. Possible
# values are "standalone server", "member server", "classic primary
# domain controller", "classic backup domain controller", "active
# directory domain controller".
#
# Most people will want "standalone sever" or "member server".
# Running as "active directory domain controller" will require first
# running "samba-tool domain provision" to wipe databases and create a
# new domain.
server role = standalone server

# If you are using encrypted passwords, Samba will need to know what
# password database type you are using.
passdb backend = tdbsam

obey pam restrictions = yes

# This boolean parameter controls whether Samba attempts to sync the Unix
# password with the SMB password when the encrypted SMB password in the
# passdb is changed.
unix password sync = yes


# For Unix password sync to work on a Debian GNU/Linux system, the following
# parameters must be set (thanks to Ian Kahan <<kahan@informatik.tu-muenchen.de$
# sending the correct chat script for the passwd program in Debian Sarge).
passwd program = /usr/bin/passwd %u
passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n$

# This boolean controls whether PAM will be used for password changes
# when requested by an SMB client instead of the program listed in
# 'passwd program'. The default is 'no'.
pam password change = yes

# This option controls how unsuccessful authentication attempts are mapped
# to anonymous connections
map to guest = bad user



map to guest

"bad user" デフォルトのまま。この設定は、登録されていないユーザーがアクセスした場合に、ゲストアカウントとして扱う設定になります。




共有ディレクトリを定義するセクション


smb.conf の最後に、新たなセクションを追加します。
セクション名が、Windowsから見えるディレクトリ名となります。

~省略~

# Uncomment to allow remote administration of Windows print drivers.
# You may need to replace 'lpadmin' with the name of the group your
# admin users are members of.
# Please note that you also need to set appropriate Unix permissions
# to the drivers directory for these users to have write rights in it
; write list = root, @lpadmin

[Test]
comment = Public Space
path = /var/share
read only = no
browseable = yes
guest ok = yes
create mask = 0775
directory mask = 0775



comment

Windows側から見た時に付加されるコメント。詳細表示を選んだときに表示される。

path

共有するディレクトリのパス

read only

読み取り専用属性の指定

browseable

「ネットワークコンピュータ」に表示するかどうか。"no" とすると隠し共有ディレクトリになる。

guest ok

ゲストユーザーのアクセスを許可するかどうか

create mask

ファイル作成時にファイルに設定されるパーミッション

directory mask

ディレクトリ作成時にディレクトリに設定されるパーミッション



共有ディレクトリを定義するセクションを増やしていくことで、
サーバーマシン内にWindows共有ディレクトリを増やすことができる。





Sambaの再起動


設定ファイルを保存したら、Sambaを再起動させる。

sudo service smbd restart



再起動後、Windows側からエクスプローラで、ネットワークコンピュータを見ると、
追加したファイルサーバーが見える。
samba_01.png

サーバーにアクセスすれば、追加した共有ディレクトリにアクセスすることができる。
samba_02.png

詳細表示にすれば、追加したコメントも見える。
samba_03.png



あとは、Windows側でネットワークドライブの割り当てを実行しておけば
以降、便利に使えるようになります。
エクスプローラーの、ナビゲーションウィンドウから [PC]を右クリック。
[ネットワークドライブの割り当て] を選択
samba_04.png

ファイルサーバーのIPアドレスと、共有ディレクトリを指定すれば完了。
samba_05.png







まとめ


ファイルサーバーというと大げさだが、
単にWindowsPCとLinuxPCでファイル共有したいというだけでも同じ作業なので、
Sambaを使って、簡単に設定できるようになるとネットワーク環境がぐんと使いやすくなる。
また、スマホやタブレットからも当然アクセスできるので、共有ストレージとして役立つ環境が構築できます。


家庭内のローカルネットワークで使うという設定で、
セキュリティを考慮せず、簡単にアクセスできる環境構築を行った。
家庭内であってもセキュリティを高めた設定をするほうが良いので、
それは改めて続きを書こうと思います



Ubuntu サーバの設定 Windowsファイルサーバー(セキュリティ強化)
posted by Zorinos at 20:00| Comment(0) | Linux | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

VirtualBox: ネットワーク設定

VirtualBoxのネットワーク接続方式の設定について違いを調べてみた。
仕組みを理解している訳ではないので、間違っていることもあるが、
自分の中で、こんな感じかなと落ち着いたので残しておこうと思います。


virtualbox_network01.png

未割り当て


  • ネットワークアダプタの機能を割り当てない
  • 通信はできない


NAT


  • デフォルトの設定
  • ゲストOSは、ホストOSのIPアドレスを共有して外部の物理ネットワークと接続
  • 外部ネットワークからはゲストOSのIPアドレスは見えない
  • ゲストOS間はつながらない
  • ホストOSともつながらない


virtualbox_network02.png
(参考:Network Address Translation (NAT)

ゲストOSを単に外部ネットワークにつなげたいというのであれば、
デフォルト設定となっている "NAT" にしておけば問題が少ないでしょう。
他に影響を与えないように閉じた環境になっていて、
ホストOS・他のゲストOSとつながらないところが、
VMware Workstation PlayerのNAT設定とは異なります。

ネットワークアドレスは、10.0.2.0/24 で、
ゲストOSのIPアドレスは、10.0.2.15 が割り当てられます。
10.0.2.2 はゲートウェイ、10.0.2.3 はネームサーバ、10.0.2.4 はTFTPサーバーが割り振られます。
(参考:Fine-tuning the VirtualBox NAT engine



ゲストOSごとにネットワークを構成するので、
ゲストOSは同じIPアドレスになっています。
デフォルトで割り当てられているネットワークアドレスが気に入らなければ、
VBoxManageコマンドを使うことで変更ができます。
(参考:VBoxManage
VBoxManageは、VirutalBoxのCUIで、
VirtualBoxをインストールしたディレクトリにあります。
(C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe)


コマンドプロンプトから実行します。
インストールディレクトリにパスが通っていないと思うので、
カレントディレクトリを C:\Program Files\Oracle\VirtualBox に移動してから実行します。

必ず、変更するゲストOSは停止させてから変更してください。

まずは、ゲストOSの一覧を確認。

VBoxManage list vms


これでゲストOSの名称一覧が表示されます。
変更するゲストOSの名称 "VM name" を確認しておきましょう。

停止中のゲストOSのプロパティを変更するコマンド "modifyvm" を使います。
ネットワークアドレスを、192.168.30/24 に変更してみましょう。

VBoxManage modifyvm "VM name" --natnet1 "192.168.30/24"



これでゲストOSを再起動すれば、
ゲストOSには、192.168.30.15 のIPアドレスが割り振られます。






NATネットワーク


  • ゲストOSは、ホストOSのIPアドレスを共有して外部の物理ネットワークと接続
  • 外部ネットワークからはゲストOSのIPアドレスは見えない
  • ゲストOS間で予め設定したNATネットワークを構成する
  • ホストOSはつながらない


ホストOSとつながらない点が異なりますが、
VMware Workstation PlayerのNAT設定に近い状態です。

virtualbox_network07.png


NATネットワーク設定を使うには、
予め、"NATネットワーク" を準備しておく必要があります。
[環境設定] - [ネットワーク] を選び、
[NATネットワーク] タブの右上にある"+"マークのアイコンをクリックして追加する。
virtualbox_network03.png

追加したら、編集アイコンをクリックし、ネットワーク設定を編集する。
virtualbox_network04.png

管理しやすいようにネットワーク名をつけ、
ネットワークアドレスを任意に設定(デフォルトは、10.0.2.0/24)。
[DHCPのサポート]にチェックを入れる。
virtualbox_network05.png

それから、ゲストOSの設定を行う。
ネットワーク設定から、[NATネットワーク] を選択し、
先ほど準備した、"NATネットワーク"環境を選ぶ。
virtualbox_network06.png

これで再起動し、外部との通信と、
ゲストOS間でpingを実行すれば、通信設定ができていることを確認できると思います。





内部ネットワーク


  • 外部ネットワークとは通信できないゲストOS間でネットワークを構成する
  • ホストOSはつながらない



ゲストOS間でネットワークを構築するだけです。
"NATネットワーク"は、VirtualBoxがDHCPを用意してくれる設定がありますが、
内部ネットワークにはありません。ネットワーク設定は自身で行います。
virtualbox_network08.png



まずゲストOSの設定は、
[内部ネットワーク] を選び、ネットワークの名前を任意でつける。
virtualbox_network09.png

同じ内部ネットワークに接続する他のゲストOS設定にも、同じネットワーク名を選択します。



ゲストOSの設定ができれば、それぞれのゲストOSを起動し、
ネットワークインタフェースの設定を行う。
(Ubuntuでの設定)

sudo vi /etc/network/interfaces



ファイルを開いたら、以下を追記する。
インタフェース名は ifconfig とかで調べてます。
ネットワークアドレスは任意に設定してください。

auto enp0sp8
iface enp0sp8 inet static
address 192.168.30.1
netmask 255.255.255.0



他のゲストOSにも同様にネットワークインタフェースの設定を行います。
IPアドレスは 192.168.30.2 ~と、異なる設定をするように。

これで再起動し、IPアドレスを確認し、追記した設定通りに
ネットワーク設定ができていることを確認後、
ゲストOS間でpingを実行すれば、通信ができていることを確認できると思います。






ホストオンリー アダプター


  • 外部ネットワークとは通信できない
  • ホストOSとゲストOS間でネットワークを構成する


VMware Workstation Playerのホストオンリー設定と同じです。
virtualbox_network14.png


ホストOSのIPアドレス設定、DHCPの有効(ネットワーク設定)/無効が可能です。
[環境設定] - [ネットワーク] を選び、
[ホストオンリーネットワーク] タブに設定があります。
virtualbox_network10.png
(新たに設定を追加したいのであれば、右上にある"+"マークのアイコンをクリックして追加する)

設定するネットワークを選択し、
編集アイコンをクリックしてネットワーク設定を行う。

[アダプター] タブでは、ホストOSのIPアドレス設定を行う。
virtualbox_network11.png

[DHCPサーバー] タブでは、DHCPのネットワーク設定を行う。
[サーバーを有効化] にチェックを入れる。
virtualbox_network12.png
サーバーアドレスはホストOSと重ならないように設定。
アドレス下限は、ホストOSとDHCPサーバーと重ならない範囲に設定。
アドレス上限は、broadcastの255と重ならない範囲に設定。


それから、ゲストOSの設定を行う。
ネットワーク設定から、[ホストオンリー アダプター] を選択し、
先ほど準備した、"ホストオンリー アダプター"環境を選ぶ。
virtualbox_network13.png

これで再起動し、
ホストOSとゲストOS間でpingを実行すれば、通信設定ができていることを確認できると思います。




ブリッジ アダプター


  • ゲストOSは、外部の物理ネットワークと接続
  • 外部ネットワークからゲストOSのIPアドレスが見える
  • ホストOSは外部ネットワークを介して、ゲストOSとつながる


VMware Workstation Playerのブリッジ設定と同じです。
virtualbox_network15.png

サーバーとして外部と使うのであれば、ブリッジ接続を設定することになります。






汎用ドライバー


よくわかっていないので割愛。






まとめ


ゲストOSは1つだけで、ゲストOSを通常のクライアントPCとして使うのであれば、
デフォルトのままNAT設定にしておけば、だいたいはうまくいくと思う。
ゲストOSを増やして使いだすと、ややこしくなる。

家庭環境で、サーバーとして利用する場合、
外部からIPアドレスが見えたほうがいいので、ブリッジ接続を設定する。
会社内でPC管理者に相談無しでブリッジ設定を選んでしまうと、
ネットワークに知らないPCがつながってしまう状態になり、
PC管理者に迷惑をかけるので注意。

PCローカル内だけの閉じた環境でサーバーを立てたテストを行う場合は、
NAT環境でかつホストOSとゲストOSの間をつなぐ手段が必要となる。それは別の機会で。



VirtualBox ゲストOSのインストール
VirtualBoxをインストール
VMware Workstation Player: ネットワーク設定
VirtualBox: ホストOSからゲストOSへのアクセス
posted by Zorinos at 22:00| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

VirtualBox ゲストOSのインストール

仮想マシン(Oracle VM VirtualBox)のゲストOS を入れてみる。

OSを入手


Ubuntuダウンロードサイト等からPCにインストールする際のISOイメージを入手すればよい。


新規仮想マシン(ゲストOS)の作成


ゲストOSをインストールためには、
インストールする箱である仮想マシン(最大で32個の仮想CPUをサポートできる)を予め作る必要があります。
(参考:Features overview

Ubuntu 16.04を使って説明していきます。

左上にある「新規」ボタンをクリック。
virtualbox_guest01.png



仮想マシン作成ウィザードが起動するので、沿って入れていく。
[名前とオペレーティングシステム]
virtualbox_guest02.png
名前:作成する仮想マシン名(わかり易い名前をつける)
タイプ:Linux
バージョン:Ubuntu(64-bit)
※適切に判別できる名前だと[タイプ]と[バージョン]が自動的に設定されます。



[メモリーサイズ]
virtualbox_guest03.png
[タイプ]と[バージョン]により、必要最低限のメモリサイズが自動的に設定されます。
ホスト側のリソースとの兼ね合いとなります。後から変更もできます。


[ハードドライブ]
virtualbox_guest04.png
[仮想ハードドライブを作成する]を選択する。

[ハードドライブのファイルタイプ]
virtualbox_guest05.png
VirtualBoxでは様々なタイプの仮想ハードディスクが扱えるが、
他の仮想ソフトウェアを使用してなければ、VirtualBox形式である「VDI」を選択する。

[物理ハードドライブにあるストレージ]
virtualbox_guest06.png
可変サイズ:ゲストOSで使われた分だけ、ホストOS側のハードディスクが使われる。
固定サイズ:指定したサイズ分、即座に確保し使われる。ディスクアクセスのパフォーマンスが良い。
可変サイズのほうが使用分だけ使わるので、
ゲストOSの使用量が少なければ、それだけホストOS側を圧迫しない。


[ファイルの場所とサイズ]
virtualbox_guest07.png
ゲストOSの仮想ハードディスクは、ホストOS側から見たら単なるファイルとして見える。
そのファイルの保存場所を指定する。

仮想ハードディスクが作成場所は、デフォルトでは
"C:\Users\[ユーザー名]\VirtualBox VMs\[仮想マシン名]" の下に作成されます。
仮想ハードディスクの保存場所を変更したい場合はここで変更する。
右上のフォルダのアイコンをクリックして指定。

仮想ハードドライブのサイズはデフォルト値が予め設定してある。
ホストOS側との兼ね合いでサイズ変更しておく。




[作成]をクリックし、仮想マシンを作成する。


作成した仮想マシンがリストに表示されています。
virtualbox_guest08.png


仮想マシンにインストールディスクをマウント


ダウンロードしたISOイメージファイルをマウントして、
インストールする準備をする。

[設定] ボタンをクリック。
virtualbox_guest09.png

左欄 [ストレージ] を選択し、
コントローラ:IDEから「空」となっているCD/DVDドライブを選択。
virtualbox_guest10.png

一番右にあるディスクアイコンをクリック。
virtualbox_guest11.png

[仮想光学ディスクファイルを選択] を選ぶ。
virtualbox_guest12.png

ダイアログが開くので、ダウンロードしたISOイメージファイルを選択する。


ゲストOSのCD/DVDドライブに、インストールディスクがマウントされる。
virtualbox_guest13.png



仮想マシンにOSをインストール


インストールディスクをマウントしたゲストをOSを選択し、
[起動] ボタンをクリックする。
virtualbox_guest14.png

インストーラーが起動するので、あとはインストール作業を進めていく。
virtualbox_guest15.png




インストール完了後に再起動を求められ、再起動実行のボタンをクリックした場合に、
終了せず、自動的に起き上がってこない場合は、手動で電源断を行えばよい。

対象ゲストOSを選択し、右クリック。
[閉じる] - [電源オフ] を実行。
virtualbox_guest16.png

確認ダイアログが出れば、[電源オフ] を選択する。
virtualbox_guest17.png


Guest Additions のインストール


ゲストOSをもっと便利に使うために、
ホストOS上の共有フォルダ設定、ホストOSとのクリップボードの共有や、
高解像度・大画面表示ができるように設定しましょう。

そのためには、"Guest Additions" をインストールします。
(参考:Guest Additions

ゲストOSを起動し、
メニューバーから [デバイス] - [Guest AdditionsのCDイメージの挿入] をクリック。
virtualbox_guest21.png

ちなみに、"Guest AdditionsのCDイメージ"は、
VirtualBox プログラムフォルダ内にあります。
C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxGuestAdditions.iso



あとはAutoRunで起動するので、順に進める。
virtualbox_guest22.png

virtualbox_guest23.png

virtualbox_guest24.png

virtualbox_guest25.png
"Press Return to close this window ..." が表示されたら、
リターンキーを押して終了させれば完了です。


マウントしたCDイメージは不要なので取り出しておく。
virtualbox_guest26.png


※AutoRunで起動しなかった場合、
端末から、"Guest Additions"のマウントポイントに移動し
インストールスクリプトを実行すれば大丈夫です。
ただし、マウントポイントはディストリビューションによって異なると思うので、
dfコマンドで調べるとよいです。

cd /media/hogehoge/VBOXADDITIONS_5.1.22_115126

sudo ./VBoxLinuxAdditions.run




ホストOSとゲストOSでクリップボードを共有する


Guest Additionsのインストールが必須です。

[設定] ボタンをクリック。
virtualbox_guest18.png

左欄 [一般] を選択し、[高度] タブを選択する。
virtualbox_guest19.png

[クリップボードの共有]から、「双方向」を選んでおけば良い。
virtualbox_guest20.png

これでホストOSとゲストOSで便利にコピペができるようになる。



ホストOS上に共有フォルダを設定する


Guest Additionsのインストールが必須です。

[設定] ボタンをクリック。
virtualbox_guest18.png

左欄 [共有フォルダー] を選択し、
右上のフォルダアイコンをクリック。
virtualbox_guest27.png

共有フォルダ追加のダイアログが開く。

[フォルダーのパス] から
ゲストOSとの共有フォルダに設定する場所を指定する。
virtualbox_guest29.png

共有フォルダ名称はデフォルトでは、フォルダの名称になっているので、
異なる名前をつけたいのであれば変更しておく。
virtualbox_guest30.png
自動マウントにチェックを入れておくと便利なので、チェックを入れておく。
読み込み専用にしたいのであれば、チェックをいれておく。


ゲストOSを起動させ、共有フォルダを確認する。

共有フォルダは、/media にマウントされている。
ホストOS側で作成したフォルダ名に、"sf_" が付加されたディレクトリ名がマウントされる。
drwxrwx--- 1 root vboxsf 4096 5月 18 12:40 sf_VMshare/


上記の通り、共有フォルダは "vboxsf" グループ として設定されている。
このままではアクセス権がないので、自分のアカウントをグループに追加しておく。

sudo gpasswd -a hogehoge vboxsf



変更を有効にするために、一度ログアウトする。
再度ログインすれば、共有フォルダにアクセスできるようになっている。


ゲストOSを削除する


追加したゲストOSを選択し、右クリック。
[除去] を選択する。
virtualbox_guest31.png


以降、ゲストOSを使うこともないのであれば
バッサリと [すべてのファイルを削除] を選択。
再度使う可能性があれば、[除去のみ] にしておく。
virtualbox_guest32.png



VirtualBoxをインストール
VirtualBox: ネットワーク設定
posted by Zorinos at 23:00| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

VirtualBoxをインストール

Oracle VirtualBox(Oracle VM VirtualBox)は
コンピュータ内(ホストOS)に仮想的なコンピュータを作成し、
そこに別のOS(ゲストOS)をインストールし実行することができます。
たとえば、Windowsを動作させているPC上で、Linuxなどを実行させる事ができます。
(参考:Supported host operating systems
(類似で VMware Workstation Player もあります)

インストール環境:Windows10 64bit


VirtualBoxをダウンロードする


VirtualBoxのサイトにアクセスし、左側の「Downloads」を選択。
virtualbox_01.png

VirtualBox binaries」からホストOSのパッケージを選び、ダウンロードする。
Windowsなので、"Windows hosts"を選択した。
virtualbox_02.png


次に「Extension Pack」(全プラットフォーム共通)をダウンロードする。
バージョン4.0より、Extension Packageと呼ばれる機能拡張プラグインが導入された。これは、4.0よりVirtualBox本体がGPLライセンスとなったために、プロプライエタリ・ソフトウェアによる機能を標準で実装することができなくなったために設けられたものである。
Oracleから「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」と呼ばれる機能拡張プラグインを配布しており、これにより以下の機能が提供される。

・USB 2.0 コントローラ (EHCI)
・USB 3.0 コントローラ (xHCI)(バージョン5.0から追加)
・Remote Desktop Protocol(RDP)による遠隔制御機能 (マイクロソフトおよびシトリクスにより開発された、プロプライエタリな遠隔制御プロトコル。つまりWindowsのリモートデスクトップクライアントやrdesktopソフトウェアから接続することが可能)
・IntelカードによるPXEブート機能
・シームレスモード (ホストOSとゲストOSのデスクトップの操作を統合する機能)


初回のみ別途ダウンロード及びインストールが必要。一度インストールすればVirtualBox本体をアップデートしたあとの初回起動時にExtension Packもアップデートされるので、別途ダウンロードの必要はなくなる。
引用:Wikipedia


Extension Pack は、USB2.0/USB 3.0 の機能サポートが含まれているので、併せてのインストールをしておきましょう。
virtualbox_03.png


VirtualBoxをインストールする


VirtualBoxをインストールする。
ダウンロードしたインストーラーを起動する。

[Next] をクリック。
virtualbox_04.png

カスタムセットアップの画面は、デフォルトのままでいい。
[Next] をクリック。
virtualbox_05.png



ショートカットの作成、ファイルの関連付け。
必要なオプションを選択して [Next] をクリック。
virtualbox_06.png


VirtualBox のネットワーク機能をインストールするために、
インストール中に一時的にネットワーク接続が切断されるという警告が出る。
ネットワークが切断されて困るアプリケーションがあれば、終了させるなり対応してから
[Yes] をクリックする。
virtualbox_07.png

インストール実行前の最終確認。
再設定したければ、[Back] で戻り設定し直す。
OKであれば [Install] を。インストールが開始されます。
virtualbox_08.png

しばし待つ。
virtualbox_09.png



インストール中に次のような確認が表示されれば、
[インストール] を選択する。
virtualbox_10.png


インストール完了。
[Finish] をクリック。
virtualbox_11.png

virtualbox_12.png



エクステンションパックをインストールする


バージョン4.0よりOSS版にプラグイン機能が搭載され、機能の追加が可能となった。
USB機能サポートが含まれているので、インストールしておきたい。
(参考:Installing VirtualBox and extension packs

VirtualBoxの画面から
[ファイル] - [環境設定] - [機能拡張]を選択。
virtualbox_13.png

virtualbox_14.png


右側の「パッケージ追加」アイコンをクリック。
virtualbox_15.png

ダイアログが開くので、
ダウンロードしたエクステンションパックファイルを選択する。


確認画面が表示されるので [インストール] をクリックする。
virtualbox_16.png


ライセンスの確認画面が出る。
一番下までスクロールすると、[同意します] ボタンが有効となるのでクリックする。
virtualbox_17.png

エクステンションパックがインストールされるので、しばし待つ。
virtualbox_18.png

エクステンションパックのインストールが完了。
[OK] をクリック。
virtualbox_19.png


一覧に追加された。
virtualbox_20.png

これでインストールは完了。


VirtualBox ゲストOSのインストール


VirtualBoxをアンインストールする


追加した仮想マシンを削除する。
virtualbox_21.png



以降、仮想マシンを使うこともないのであれば
バッサリと [すべてのファイルを削除] を選択。
再インストールをして使うのであれば、[除去のみ] にしておく。
virtualbox_22.png

あとは、Windowsの[設定] -[システム]から[アプリと機能]を開いて
"Oracle VM VirtualBox" を削除する。





VMware Workstation Player: ネットワーク設定
posted by Zorinos at 18:00| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

VMware Workstation Player: ネットワーク設定

接続がうまくいかないことがあり、
VMwareのネットワーク接続方式の設定について違いを調べてみた。
仕組みを理解している訳ではないので、間違っていることもあるが、
自分の中で、こんな感じかなと落ち着いたので残しておこうと思います。




VMware Workstation Playerをインストールすると、
ネットワーク接続のアダプタに、
「VMware Network Adapter VMnet1」と
「VMware Network Adapter VMnet8」が追加されます。
VMware_network01.png


NAT接続


  • インストール時のデフォルトの設定
  • ゲストOSは、ホストOSのIPアドレスを共有して外部の物理ネットワークと接続
  • 外部ネットワークからはゲストOSのIPアドレスは見えない
  • ゲストOS間ではLANセグメント(仮想ネットワークVMnet8)を構成する
  • ゲストOSのIPアドレスは、DHCP設定で設定される
  • ホストOSはVMnet8アダプタを介して、ゲストOS間のLANセグメントに参加する

VMware_network02.png

ゲストOSを単に外部ネットワークにつなげたいというのであれば、
デフォルト設定となっているNAT接続にしておけば問題が少ないでしょう。
VMware_network03.png

Windows側で見えているVMnet8アダプタを無効にすると、
ホストOSとゲストOS間は仮想ネットワークを介しての通信ができなくなります。
ただし、外部と接続している箇所は有効のままなので、
ゲストOSは外部ネットワークとは通信できます。

仮想ネットワークのDHCP設定は、
C:\ProgramData\VMware\vmnetdhcp.conf にあります。
# Virtual ethernet segment 8
subnet 192.168.85.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.85.128 192.168.85.254; # default allows up to 125 VM's
option broadcast-address 192.168.85.255;
option domain-name-servers 192.168.85.2;
option domain-name "localdomain";
option netbios-name-servers 192.168.85.2;
option routers 192.168.85.2;
default-lease-time 1800;
max-lease-time 7200;
}
host VMnet8 {
hardware ethernet 00:50:56:C0:00:08;
fixed-address 192.168.85.1;
option domain-name-servers 0.0.0.0;
option domain-name "";
option routers 0.0.0.0;
}




ホストオンリー接続


  • 外部ネットワークとは通信できない
  • ゲストOS間ではLANセグメント(仮想ネットワークVMnet1)を構成する
  • ゲストOSのIPアドレスは、DHCP設定で設定される
  • ホストOSはVMnet1アダプタを介して、ゲストOS間のLANセグメントに参加する

VMware_network05.png


NAT接続と同じだが、NAT部分がなく、
ゲストOSは直接に外部ネットワークにつなげることができない。
外部と直接に通信を行わず、閉じたLAN環境を確認する場合などに設定。
VMware_network04.png

仮想ネットワークのDHCP設定は、NAT接続と同様のファイル。
# Virtual ethernet segment 1
subnet 192.168.237.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.237.128 192.168.237.254; # default allows up to 125 VM's
option broadcast-address 192.168.237.255;
option domain-name-servers 192.168.237.1;
option domain-name "localdomain";
default-lease-time 1800;
max-lease-time 7200;
}
host VMnet1 {
hardware ethernet 00:50:56:C0:00:01;
fixed-address 192.168.237.1;
option domain-name-servers 0.0.0.0;
option domain-name "";
}



ブリッジ接続


  • ゲストOSは、外部の物理ネットワークと接続
  • 外部ネットワークからゲストOSのIPアドレスが見える
  • ホストOSは外部ネットワークを介して、ゲストOSとつながる

VMware_network06.png

サーバーとして使うのであれば、ブリッジ接続を設定することになります。
(仮想ネットワークVMnet0を使います)
VMware_network07.png


カスタム


独自に仮想ネットワークを設定できるようです。
仮想ネットワークVMnet0、VMnet1、VMnet8 は規定で設定されているので、
これら以外の仮想ネットワークを使い、ゲストOS間のネットワークを構築できます。


ゲストOS(A)を外部ネットワークとブリッジ接続させつつ、
もうひとつ別の仮想ネットワークを他のゲストOS間で構築する。
ゲストOS(A)がファイアーウォールとなり、他のゲストOSはそれを介して外部とつながるようなネットワーク環境を構築する。
(試したことがないので、よくわかっていない・・・)


LANセグメント


使い方とか、使い所がよくわかっていないです・・・




ブリッジ接続時で出くわした問題


VMware Workstation Player をブリッジ接続に設定したのち、
Windowsに VirtualBox をインストールしたら、ネットワークにつながらなくなったので、問題点を調べた。

まずは、Windowsの物理NICのプロパティを確認。
VMware_network08.png
"VMware Bridge Protocol" が消えたのかと思ったが、存在していた。
ちなみに、これが消えてしまったら、
[インストール]-[サービス]-[VMware, Inc.]-[VMware Bridge Protocol]を選択し、
インストールし直せば復活できます。


次に、ネットワーク設定のアダプタ設定を見ると、
VMware_network09.png

ここに、VirtualBoxのアダプタ設定が出ていた。
これが悪影響しているようだった。
VMware_network10.png

ブリッジ設定は自動で選択してくれるのだが、誤ったものを選択することもあるので、
接続する物理NICが固定されているのであれば、アダプタ設定を固定化してしまうほうが無難。
VMware_network11.png



まとめ


通常のクライアントPCとして使うのであれば、デフォルトのNAT接続にしておけば、
だいたいはうまくいくと思う。
サーバーとして利用する場合、外部からIPアドレスが見えたほうがいいので、
ブリッジ接続を設定する。
ホストオンリー、カスタム、LANセグメントは、
今はまだ、使ったことがないので、実際に使う場面が来たときに改め理解することにしよう。



「VMware Workstation Player」のインストール方法
VirtualBox: ネットワーク設定
posted by Zorinos at 23:00| Comment(0) | Windows | 更新情報をチェックする